広葉樹を活用しよう!各地で広がる取り組みをまとめてみたよ。

こんにちは。@shoheiomiです。

「半端物という生き方」会社を辞めて岩泉に来た理由で紹介したように、日本の広葉樹はなかなか使われていません。広葉樹のいいところは勝手に生えてくるということで、針葉樹のように頻繁に手入れをする必要がないんです。ですから、きっちり循環できる程度の使用量であれば、最高の素材なんですね。

事例紹介

やっぱりそのことに気づいている地域が出てきて、今広葉樹をきちんと活用していこうという流れが広がりつつあります。今日はいくつか事例を紹介したいと思います。

 

北海道下川町の取り組み

NPO法人森の生活

SnapCrab_NoName_2016-1-21_17-35-23_No-00

地域内で有効活用されていなかった広葉樹を木工用材として活かすことで、「顔の見える木材流通」を生み出す活動を始めます。
そのために、小型の低温乾燥機(容積10㎥程度)を導入し、これまで地域内で有効活用されていなかった広葉樹材を地域内の製材業者(山本組木材株式会社)と連携して製材し、自社で乾燥を行うことで、地域内外に木工用材として供給する活動を開始します。

この活動によって、これまで地域内で有効活用されていなかった広葉樹を木工用材として供給することが可能になり、主に広葉樹材を原料として使用する付加価値の高い家具やクラフトといった製品の製造に下川の材を活用することができるようになります。

このように、地域の木材を地域で加工し、必要とされる方に直接お届けする「顔の見える木材流通」を生み出すことで、下川においてより豊かな木の文化を育むとともに、将来的には、木工に取り組む人材の育成や、地場の木材を使ったものづくりを志向する木工作家の移住につなげたいと考えています。

豊富な広葉樹で知られる北海道。現在もフローリングや家具などにも使われているのですが、まだまだ海外の木材に押されている状況なんですね。とは言っても、木材業界の中では「広葉樹はどんどん取れなくなっている。資源が枯渇する!」と騒いでいるのですが、それはチップなど取引価格の安い需要先に流れているというのも一因です。

 

よーく考えてください。取引価格が安いのだから、たくさん切ってたくさん売らないと成り立たない商売ですよね。だから余計に切られすぎているんですよ。これを付加価値の高い製品に転用していくことで、少量でも成り立っていく商売を作っていきましょうということなんですね。だから、森林破壊を推進しているわけではないのです。

NPO法人森の生活では、森林環境教育事業や森の体験プログラムも用意されていて、流通としての機能のほかに体験からも森林を感じることができる事業を展開しています。

 

 

岐阜県の取り組み

Neo Woods 根尾の広葉樹活用プロジェクト

SnapCrab_NoName_2016-1-21_17-37-53_No-00

阜県内の広葉樹に携わる林業と製材業、木製品製造・販売業の3社が連携し、岐阜県本巣市根尾地域の森林整備の過程で伐採された木の中でも、良材でありながらも市場の規格から外れているため、木材として使われてこなかった「規格外広葉樹」を使った循環型モノづくりを始めます。

私たちはこの取組みを実践することで、より環境に寄り添った地場型・循環型の国産広葉樹活用システムを確立し、モノづくりと自然環境の未来に、「木」という再生可能資源を使った持続可能な循環型社会を実現したいと考えています。

岐阜県はもともとオークヴィレッジという広葉樹で家具や小物を製造しているメーカーがあるのですが、そこが先頭となって地元の森林管理を行う会社と製材業者と協力して、規格外広葉樹を使った循環型モノづくりを目指しています。岐阜は森林が豊富な県で森林率は高知県に次いで全国2位で80%前後とほとんど森林なのです。それほどの地域資源そのままにしておくのはもったいないですよね。

 

オークヴィレッジがいままで培ってきた販売ノウハウを生かして面白い商品を出してきそうです。ホームページなんかもおしゃれ。やっぱり見た人を引き付ける要素は重要です。いままで、林業や木材業界はあまり見た目を気にしなかったし、情報発信も苦手でしたから。

 

宮崎県諸塚村の取り組み

諸塚村どんぐりプロジェクト

「でっかくなったシイタケ原木の木を活かせないか?」という趣旨で始まった諸塚村の里山広葉樹活用プロジェクト。大きくなりすぎてシイタケ原木に使えなくなったコナラ、クヌギ材を使ったモダンな家具やインテリア小物の企画・開発・販売を目指しています。

 

諸塚村はそれ専用のホームページはないようですが、村全体でFSC認証を取得した先進的な地域です。FSCとは世界基準の森林認証で、

FSC認証はその製品が、環境、社会、経済の便益に適い、きちんと管理された森林からのものであることを保証します。

FSC認証取得を希望する森林所有者及び管理者は、責任をもって森林を管理していることを証明します。

引用:FSCジャパン

きちんと環境に配慮し、永続的に循環が可能である森林でなければ認証されないんですね。それを村全体で取得したというのはとても意識の高い地域なのだと思います。もちろん認証を受けるのはタダではありませんから、住民が反対すれば実現しなかったでしょう。

SnapCrab_NoName_2016-1-21_17-40-36_No-00

諸塚村のどんぐり材製品カタログをみると、なかなかおしゃれな商品がそろっています。陶器と木材の組み合わせなんかおもしろいですねえ。ふつうに買いたいですよ。木材だけじゃなくて違う素材とのコラボこれから増えてくるんじゃないかな。岩手だったら、南部鉄器と木材のコラボなんて面白そうですよ。

 

FSCは木材の認証というイメージが強いのですが、認証シイタケなんかも売っています。

SnapCrab_NoName_2016-1-21_17-42-27_No-00

このページなんかおもしろいですよ。正直シイタケは田舎に行けばやっているところが多いですから、差別化なんて難しかったんですが、ここは村全体でFSCを取得し、きちんと顔の見える流通網を整備したことで選ばれるシイタケになったんですね。

岩手県岩泉町の取り組み

iwaizumi forest

SnapCrab_NoName_2016-1-21_17-45-17_No-00

私が森林コンダクターとして活動する岩泉町も広葉樹の活用を目指しています。岩泉を代表する広葉樹はなんと17種類!!こんなにたくさんの広葉樹が取れるところはなかなかないです。

とはいえ、なかなか有効に利用されていないのが現実なんですね。これをどのように活用していくかはまだまだこれからなのですが、建材として利用したり、木材の色を利用した染色にもつかえますし、香りを取り出すこともできます。燻製としてもつかえるし、薪として熱源利用もできますし。妄想はどんどん広がっているのですが、それはまた別の機会に順次公開していこうと思います。

 

でも、ひとつ言えるのは、従来の木材・林業界の枠組みにとらわれる必要はないなと。仮に上にあげた妄想でいえば、染色だったらファッション業界と、香りだったらアロマ業界、福祉と、燻製なら地場産の畜産業、水産業とつながることができます。それを体験事業にすれば観光の分野ですよね。そういうように町中を巻き込めたらなと思います。

 

合わせて読みたい広葉樹活用方法の記事

→カエデやシラカバの木から樹液を採取してみる

【樹液ビジネス】伐らない林業とは何か。地域の強みを活かした秩父の取り組み。 樹液ビジネスが林業を変える4つの理由。 山を手に入れたので、食べられる山プロジェクト始動しちゃいます。

→広葉樹のチップで燻製してみる

株式会社シオン主催の木育イベントで広葉樹活用と燻製体験の講師を務めました。 【初心者にオススメ】手軽にできる簡単燻製の基本的な知識を学ぶ。 初心者も簡単燻製レシピ。20分で出来る燻製バーガーの作り方

 

これから、広葉樹の事業で展開があれば、岩泉以外でもどんどん紹介しますよ。このブログをみれば一通り広葉樹の話がわかるよねという状態にもっていきたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です