【秩父】シュガーハウス「MAPLE BASE」で味わうパンケーキが絶品。

こんにちは。@shoheiomiです。

ゴールデンウィークに秩父にあるシュガーハウス「MAPLE BASE(メープルベース)」に行ってきました。シュガーハウスは、秩父観光土産品協同組合が、「メープルシロップ=秩父」のブランド形成の拠点づくりとして取り組み、4月27日にオープンしたものです。

メープルシロップの本場・カナダの森にあるメープルシロップを製造する工場や小屋を意味するシュガーハウス。日本には秩父にしかありません。

 

MAPLE BASE

秩父ミューズパーク内にあるシュガーハウスは、もともとあったゴルフ施設を改装して利用しています。

IMG_2816

おしゃれな感じの建物ですね。

内装は白く塗られ、明るい雰囲気です。黒板がいい味を出しています。

IMG_2812

奥まで進むとカウンターがあるので、注文します。

今回は、MAPLE BASEオリジナルパンケーキと、メープルラテティーを注文しました。

 

5分ほどで運ばれてきます。おいしそう!

カエデの葉っぱがかわいらしですね。

IMG_2799 (1)

 

秩父産のメープル。いい艶ですね。

IMG_2800

さっそくパンケーキにかけてみましょう!

 

メープルのいい香りがします。

カナダ産のメープルに比べさらさらしている印象です。

食べてみると、メープルがしみ込んでいて、しっかりメープルの味がします。

 

イチゴののったパンケーキもあるようです。

 

つづいてメープルラテティーをいただきます。

IMG_2795

ほのかにするメープルの味。甘すぎずパンケーキによくあいます。量もしっかりあるのでいいですね。

 

あ~おいしかった。

 

番外編

テーブルを見回すと、かわいいカエデが。

IMG_2806

こういう気遣いもいいですね。

 

ガラス越しですが、店舗の裏では、メープルシロップ製造機械「エヴァポレーター(蒸発機)」を見学することができます。カナダから輸入され、日本ではここだけとのこと。今回は稼働していませんでしたが、自由に見学できます。無料で製造工程も見せてもらえるとはなかなか太っ腹です。今回は稼働していないということで、実際に機会に触れることもできました。

IMG_2807

カウンターの向かいにメープルをつかったサイダーやお菓子が販売されています。デザインもなかなかいいですね。

IMG_2810

 

シュガーハウスをでると、たくさんカエデが植林されているスペースがあります。

IMG_2817

今は小さいですが、大きくなれば樹液が取れるようになります。それまであと何年でしょうね。

 

メニューご紹介

今回は残念ながら食べられなかったものの、まだまだメニューはあるようなので、写真とともにご紹介いたします。

・季節のパンケーキ

@hmnnn__がシェアした投稿

・ジェラートナッツパンケーキ

・秩父の森グリーンカレー

キハダで炊いたご飯を使っているようです。

店舗情報

シュガーハウス「MAPLE BASE」

住所:埼玉県秩父郡小鹿野町長留1129-1

TEL:0494-26-6150

営業時間:11:00〜18:00(L.O 17:30)

情報発信:Facebookページ

 

秩父のメープルをご自宅で

なかなか秩父まではいけないけれど、メープルを味わってみたいという人も多いと思うので、通販で購入できる秩父のメープル商品をいくつかご紹介します。

 

 

この記事が気に入ったなら

この記事を気に入っていただけたのなら、樹液カテゴリーの記事がオススメです。樹液採取の方法からメープルシロップの作り方など、移住先の岩手県岩泉町で始めた樹液採取の活動についてご紹介していますので、参考になれば幸いです。

樹液記事一覧