林業界注目!!丸太の輪切りビジネスは意外と儲かる?

資源豊かな日本ですが、林業が衰退していると言われています。数十年育てた木が丸太一本で数千円・・・というような状況で、補助金を頼りになんとか経営を続けているという林業経営者も多いのです。

そんな中で、あまり加工することなく、丸太のままで売るよりも、はるかに高く売れるニッチな商品があります。それは丸太の輪切りです。

林業界では、山で木を切っても、運んでくるのにお金がかかるので、売れる見込みのないものは、そのまま林地に放置することがあります。丸太の輪切りは、そのような林地材を許可を得て、引き取りに行き、自分で運ぶことで、原材料や搬出にかかる経費を抑えているのです。

丸太の輪切りの作り方

[colwrap] [col2][/col2] [col2][/col2] [/colwrap]

出展:さめうらこむ

輪切りは、角材の当て木をして、カットしますので、正確に同じサイズで何枚でもカットできます。ミリ単位でもカット可能です。ただ、あまり薄いと乾燥過程で変形しますので、最低5mmくらいが限界です。

この丸のこは直径40cmほどありますが、今丸のこでカットできる輪切りは15cmくらいまでです。それ以上は製材機で水平カットします。
カットした後、表面はグラインダで磨いて仕上げをします。

引用:さめうらこむ

丸太の輪切りの活かし方

丸太の輪切りなんてどのように使うの?と不思議に思う方もいるかもしれません。使い方は様々ですが、商品ディスプレイやトレイとして使われることが多いようです。


出展:さめうらこむ

このように盛り付けるだけでオシャレ感を演出できますよね。これから高級レストランなどで見かける機会が増えていくかもしれません。

結婚式にも

この丸太の輪切りはブライダルにも相性がピッタリ。なんと丸太の輪切りを活かしたブライダル専門サイトまであります。しかもとってもオシャレ。

[colwrap] [col3]
ウェルカムボード[/col3] [col3]
結婚証明書[/col3] [col3]
ウェディングツリー[/col3] [/colwrap]

出展:さめうらこむ

ブライダルと丸太の輪切りって一見結びつきそうにありませんが、どのように使うかイメージを提示してあげれば、「なんだ、すごくオシャレじゃん。自分の結婚式にも使いたいな。」と思わせることができます。ただ店舗に丸太の輪切りが置いてあってもほとんどの人は買わないでしょう。だからこそ、「今ある資源を、商品をどう見せるか」という点にもっと着目していく必要があるのでしょう。

 

林業・木材業の現状を学部