お部屋をシックでモダンな雰囲気に。素敵なヘリンボーンの床のインテリアイメージまとめ

[voice icon=”https://tokaimon.net/blog/wp-content/uploads/2017/07/IMG_92822.png” name=”おーみ” type=”l  fb”]元フローリングメーカー営業が教える無垢フローリング。今回はおしゃれなヘリンボーンを紹介して行きたいと思います。[/voice]

空間の雰囲気を左右する床材。その中でも、憧れの床材として注目されているのが、ヘリンボーンの床材。

ヘリンボーンとは、ニシンherring(ニシン)を開いた骨の形に似ていることから名付けられました。日本では杉の葉っぱに似ていることから「杉綾」とも言われています。

無垢材をを矢羽状に敷き詰めたヘリンボーンは、ヴェルサイユ宮殿やルーブル美術館で使用されるなどクラシカルで上品な雰囲気を出すことができます。この記事では、そんな素敵なヘリンボーン床のインテリアの事例をご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

 

インテリア事例

 

床をヘリンボーンに変えるだけで、高級感漂う雰囲気に。リビングにいる時間が増えそうです。

 

クラシカルな雰囲気が素敵ですね。薪ストーブが引き立ちます。

 

アンテークで重厚な雰囲気になるブラックウォールナットのヘリンボーン。

 

シンプルモダンな印象を与える明るめのヘリンボーン。窓のそばは光が差し込み、表情が変化します。

アラレさん(@arare63)がシェアした投稿

 

こんな風に壁に貼るのも面白いですよね。アメリカンなスタイルが素敵です。

 

クラシカルな洋館の雰囲気に。憧れの洋館も、ヘリンボーンを貼るだけで実現できます。

【樹種別】ヘリンボーンフローリングを選ぶ

①ナラ

イギリス調のシックなイメージにしたいなら、ナラがおすすめ。オークとも呼ばれるこの材は、ウイスキーの樽に使われるなど、耐久性にも優れています。どんな家具にも合わせやすく、もっとも馴染み深い樹種と言えます。

出展:NISSIN EX.

樹種ナララスティックグレード(ロシア材)
規格【厚み】18mm 【幅】57mm 【長さ】456mm
仕上げ無塗装
入り数0.83㎡

*ラスティックグレード・・・節、欠け節、辺材白太、黒っぽい材( 色ムラ)等の入った古木風のナラ材。

出展:NISSIN EX. シルバーグレーに着色することで、より古風な印象となっています。

樹種ナララスティックグレード(ロシア材)
規格【厚み】18mm 【幅】57mm 【長さ】456mm
仕上げ無塗装
入り数0.83㎡

 

②山桜

桜の花びらのように、ほんわりとした赤みを持つ山桜のフローリング。程よい光沢を持ち、高級感を持ちながらも、お部屋を明るい印象にすることができます。

出展:無垢フローリング専門店KODAMA

出展:無垢フローリング専門店KODAMA

樹種本桜(山桜)
規格450×90×15
仕上げ自然OIL&WAX
入り数1.62m²(40枚)

 

③クリ

電車の枕木に使用されるなど、耐久性が高く、かつ、広葉樹の中では柔らかめなので、足触りもあたたかみがあります。和のテイストによくマッチする樹種です。

出展:無垢フローリング専門店KODAMA

樹種南部本栗
規格450×90×15
仕上げ自然OIL&WAX
入り数1.62m²(40枚)

 

④ブラックウォールナット

ダークな色味で高級感を演出するブラックウォールナット。最近人気の樹種です。

出展:無垢フローリング専門店KODAM

樹種ブラックウォールナット
規格420×60×15
仕上げ自然OIL&WAX
入り数1.638m²(65枚)

 

自分で施工できるヘリンボーンも

普通ヘリンボーンは、小さな板を一枚一枚貼り合わせていくので、通常のフローリングよりも施工に時間がかかり、材料自体も高めの商品が多いのですが、施工にもそれなりにお金がかかります(通常のフローリングの2倍ほど)。

そんなヘリンボーンの施工を簡単にしたのが、ユカハリ・ヘリンボーン。 林業界で注目される岡山県の西粟倉村のみんなの材木屋が開発するこのユカハリ・ヘリンボーンは、なんと置くだけで施工できる優れもの。釘も、ボンドも必要ありません。

出展:みんなの材木屋

裏面のシートで固定することで9枚の板を一枚にしているので、お部屋の大きさに合えあせながらカッターで不要な部分を切り取り、置いていくだけ、ヘリンボーンのお部屋に早変わり。スギで作られているので、心地いい足触りが特徴的です。

 

いかがでしたか。リフォームや新築の際の参考にしてみてくださいね。

 

逢見祥平Twitter(フォローどうぞ)

 

フローリング関連記事はこちらから
関連記事のIDを正しく入力してください