【一人旅にオススメ】岩手の自然・歴史・温泉をめぐる観光地を徹底解説

岩手県岩泉町に移住して1年が経過したので、そろそろ観光ガイドを作ってみようと思います。まだまだ行ってないところも多いですが、随時情報を更新していくので、観光の参考になれば幸いです。

 

岩手県ってどんなところ?

岩手県はとにかく広い!さすがに北海道よりは小さいですが、全国47都道府県の中で2番目の広さを誇ります。

%e9%83%bd%e9%81%93%e5%ba%9c%e7%9c%8c%e5%ba%83%e3%81%95

なんと東京都の約7倍の広さ!!よく四国4県と同じくらいの大きさと表現されることがあります。広い分見所もたくさんあるんですよ。なので有名どころだけ回ったとしても、一泊二日ではまずもって制覇することはできません。

 

 

定番スポットは?

岩手がどんなところが知りたければ、まずこの8つのエリア・スポットがオススメです。

%e5%b2%a9%e6%89%8b%e7%9c%8c%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97

ざっくりですが、

  • 自然=龍泉洞、三陸海岸エリア、八幡平
  • 酪農=小岩井農場
  • 歴史=平泉・中尊寺、花巻市、盛岡市

といたしました。他にもたくさん見所はあるのですが、まずは有名どころのこの7つのエリア・スポットをおさえましょう。

 

岩手県の自然を巡る

岩手県といえば広大な大地に広がる豊かな自然!!ということで、その中でも代表的な龍泉洞、三陸海岸エリア、八幡平をさらっとご紹介します。

龍泉洞

img_3503

所在地〒027-0501  岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1
TEL0194-22-2566
備考無料駐車場あり

日本三大鍾乳洞の一つに数えられる龍泉洞。他の2つは山口県の秋芳洞、高知県の龍河洞と西日本にあるので、東日本では最も有名な鍾乳洞と言ってもいいでしょう。

龍泉洞内には山ぶどうから製造したワイン「宇霊羅」が貯蔵されています。実際に貯蔵場所を見ると思わず買ってしまいますね。特に辛口が人気で、発売と同時に売り切れるようなので、見つけたら迷わず買いましょう。

img_3513

 

 

三陸海岸エリア

地理の教科書でリアス式海岸なんて言葉を聞いたことがあると思いますが、中でも有名なのがここ三陸海岸なのです。ビーチに、海水浴・・・という海のイメージとは程遠い、ど迫力のスポットがいくつもあります。ただし、一口に三陸海岸と言ってもどこか特定の場所を指すものではありませんのでご注意を。かなり縦に広くとても全部は回りきれないので幾つか名所をご案内します。

鵜の巣断崖

img_4372

所在地岩手県下閉伊郡田野畑村真木沢
TEL0194-33-3248
備考無料駐車場あり

海岸のギザギザ感が見たいなら、鵜の巣断崖がオススメ。駐車場から5分程度歩けば、この景色が見れます!遊歩道もありますが、かなり距離があり、気軽に行ける感じではないのでそれなりに装備を用意していつた方がいいでしょう。

 

北山崎

img_4620

所在地岩手県下閉伊郡田野畑村北山
TEL0194-33-3248 (田野畑村総合観光案内所)
備考無料駐車場あり

3つの展望台があり、高さ約200メートルの断崖から海岸の波打ち際まで降りていくことができます。ただし波打ち際までは736段もの階段を降りていかなくてはなりません。降りるのはまだいいですが、登りは若い人でもかなりきついです。途中にベンチがあるので休みながら行きましょう。

南に少し離れた鳥越港からは、一周50分で北山崎の迫力ある眺めを洋上から満喫できる、北山崎断崖クルーズ観光船も出ています。

詳細はこちらから:北山崎断崖クルーズ観光船

 

浄土ヶ浜

img_0363

所在地岩手県宮古市日立浜町32番地
TEL0193-63-1327(浄土ヶ浜マリンハウス)
備考浄土ヶ浜マリンハウス
営業時間/8:30から17:00
営業期間 /3月から11)(冬季休業)
定休日/無し

一番観光地らしいところです。高い場所にある他の2箇所と比べ、波打ち際に広がる浄土ヶ浜は、歩いて海辺を散策でき、夏は海水浴もできます。中でも青の洞窟内に入ることのできる「さっぱ遊覧船」がオススメです。

 

八幡平

IMG_3803

IMG_3813

所在地岩手県八幡平市八幡平山頂

八幡平はなんといっても景色が最高です。近くの盛岡や岩手山を望む雄大な景色は広大な岩手を実感できます。夏の時期のハイキングもオススメですが、雪が残る5月下旬〜6月にかけてはまるで別世界を歩いているようで、日常の疲れを癒してくれます。山頂コースを歩くだけであれば、2時間もあれば回ってこれますが、幾つか登山道につながっているので、そちらを歩くとなると丸一日見ていた方が良いでしょう。

 

八幡平の関連記事はこちらから

 

岩手県の歴史を巡る

岩手県は東北の中では、かなり古くからの歴史が残る地です。なんと言っても世界遺産に登録された平泉でしょう。他にも岩手県で最も有名な人物であろう宮沢賢治にまつわる施設がある花巻市、遠野物語の舞台である遠野市、盛岡城跡地を始め、数多くの歴史的建造物が残る盛岡市はオススメエリアです。

平泉

平安時代末期に奥州藤原氏が栄えた時代に、浄土思想の考え方に基づいて造られた寺院や庭園などが良好に保存されています。その中でも特にオススメのスポットを紹介します。

中尊寺

img_0249
所在地〒029-4195 岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
TEL0191-46-2211
拝観時間年中無休
8:30〜17:00(3月1日から11月3日)
8:30〜16:30(11月4日から2月末日)
拝観料大人 800円
高校生500円
中学生300円
小学生200円
備考駐車場:普通車400円

金色堂が有名な中尊寺ですが、それだけじゃありません。17の院からなる一山寺院であり、とにかく広く、歴史好きにはたまらないスポットです。宝物館には国宝や重要文化財レベルがそれこそそこら中にあふれています。

 

毛越寺

img_0300

所在地〒029-4102 岩手県平泉町字大沢58
TEL0191-46-2331
拝観時間年中無休
8:30分〜17:00(11月5日から3月4日は16:30分まで)
拝観料大人   500円
高校生  300円
小・中学生100円
備考駐車場:普通車300円

慈覚大師円仁が開山した毛越寺は中尊寺を凌ぐほどの規模であったようですが、あいつぐ火災などで、今となっては当時の建物は現存していません。それでも池を中心とする浄土庭園がほぼ完全な状態で残り、当時の様子を偲ぶことができます。中尊寺もそうですが、敷地が広いです。歩きまわるので特に女性の方はヒールなどは控え、歩きやすい靴を用意した方が無難です。

 

花巻市

銀河鉄道の夜や注文の多い料理店などで知られる宮沢賢治も実は岩手県出身。活躍にあやかって?なのか花巻市では宮沢賢治にまつわる施設がとても多く、まさに賢治ワールドを堪能できます。

宮沢賢治童話村

img_2374

img_2395

所在地〒025-0014 岩手県花巻市高松26-19
TEL0198-31-2211
開場時間8:30~16:30
定休日12月28日~1月1日
入場料金一般 350円
大・高250円
中・小150円
備考

「銀河ステーション」、「天空の広場」、「賢治の教室」、「妖精の小径」、「ふくろうの小径」、「山野草園」と盛りだくさん。メインである「賢治の学校」はなんとも不思議な空間。子供はかなり楽しめるかも。

 

宮沢賢治記念館

所在地〒025-0011 岩手県花巻市矢沢1-1-36
TEL0198-31-2319
開場時間8:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日12月28日~1月1日
入場料金一般 350円
大・高250円
中・小150円
備考

宮沢賢治の生い立ちから作家としての業績はもちろん、農学者や地質学者としての一面も取り上げられて、宮沢賢治に対する知識がぐっと深まります。ここに行くまでに何冊か本を読んでおくと理解が深まりそうです。

 

ワンポイントアドバイス

花巻で歩き疲れたら温泉へ

img_0315

所在地〒025-0244 岩手県花巻市湯口字大沢181
TEL0198-25-2021
日帰り営業時間7:00~20:30
日帰り料金大人600円
子供300円

宮沢賢治も滞在したという大沢温泉。その歴史は古く約1200年前には発見されていたといいいます。建物も歴史を感じる木造建築で、かなり大きく中はまるで迷路のようです。

露天の混浴を始め、なんと6箇所もあり、それぞれに景色が違うので一日中温泉を堪能できます。男性用、女性用ときちんと別れている温泉もあるので安心ですね。

 

 

盛岡市

歴史に文化に食べ物に。盛岡は岩手県の魅力的なものが集まる中心地です。なんといってもいろんなところを歩いて周れるのが盛岡の特徴。盛岡駅からほとんどのスポットを歩いて周れます。というより市内は狭い道路が多いので、車での移動はあまりオススメしません。そんな盛岡で圧倒的にオススメなのは、歴史建造物巡りです。

 

盛岡城跡公園

img_3913

所在地〒020-0023  岩手県盛岡市内丸1-37
備考有料駐車場有
盛岡駅から徒歩15分

南部氏の居城で不来方(こずかた)城と呼ばれるていた盛岡城。石川啄木や宮沢賢治賢治も来ていたそう。その頃は高い建物もなく盛岡中を見渡せたと言われています。城内のいたるところに桜があり桜まつりも開かれるので、春の時期は特にオススメ。

 

岩手銀行旧本店本館

img_3876

所在地〒020-0871  岩手県盛岡市中ノ橋通1-2-20

東京駅の設計で有名な辰野金吾が設計した洋風建築で、ほぼ当時の姿を残しています。明治期を代表する煉瓦造りの建物は美しいですね。平成24年とつい最近まで営業していたようですが、残念ながら今は閉館していて、中に入ることもできません。外観の見学のみ可能です。

 

啄木・賢治青春館

img_4013

所在地〒020-0871  岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-25

九十銀行として使われていた建物を利用しミュージアムショップとしてオープン。中で飲めるコーヒーは絶品なので是非お試しを。

 

他にもこんなところが・・・

[colwrap] [col2]img_4017[/col2] [col2]img_4035[/col2] [/colwrap]

 

*ワンポイントアドバイス

盛岡に来たらじゃじゃ麺を食べよう!!

img_3868

img_3871

盛岡来たらこれは外せません。何店舗もあるので、自分好みのところを探してみるのもオススメ。最後の締めに卵とスープと特製肉味噌を混ぜて飲む「ちーたん」も絶品なので忘れないように!!お客さんが勝手に卵割って、スープ入れてください形式なので、初めての場合は戸惑います。定員さんがどうしますかと聞いてくる場合もありますが、最初は何のことだかわかりませんでした。

一押しのお店

白龍が一番有名ですが、いつも並んでいて入りにくいんですよね。というわけで、地元民からの支持が高いと噂されるじゃじゃ麺屋 香醤がオススメです。実際に僕も食べましたが、めちゃくちゃ旨いです。何杯でもいけそう。お酒とかも飲めるので、盛岡に泊まれるなら締めに行きたいお店です。

所在地岩手県盛岡市大通2-4-18
TEL019-626-2336
営業時間月~土 11:00~翌3:00
日・祝 12:00~19:00