DIY用の木材はどこで買うのがオススメ?購入先別のメリットまとめ

DIYに欠かせない木材。皆さんはどこで購入していますか?今ではホームセンターやインターネットでも購入できるので、誰でも気軽にDIYを始めることができるようになりましたが、購入先によりメリット・デメリットがあるのをご存知でしょうか?購入先による違いを調べてみました。

購入先別のメリット・デメリット

ホームセンター

誰でも気軽に購入できるのがホームセンターのメリットです。大きな店舗に行けばそれなりに種類も豊富ですし、軽トラックの貸し出しも行なっているところが多いので、運搬の心配もありません。ただし、建築用の材料が中心で針葉樹が多いので、広葉樹の扱いは少ないです。

主なホームセンター:カインズホーム、ホーマック、コーナン、ロイヤルホームセンター、ビバホーム、ケーヨーデーツー

材木店

一般的なお店ではないので、なかなか立ち寄ったことはないかもしれませんが、多くの材木屋さんは、一般の方への販売も対応してくれます。材木屋さんのメリットは、やはりプロがいることでしょう。作りたいものに合わせた木材の手配やアドバイスもしてくれますので、木材のことをあまりよく知らないという方へ特にオススメです。また材木屋さんごとに特徴があり、珍しい材や古材を取り扱っていることもあります。

製材所

丸太を板に製材する工場なので、ホームセンターや材木屋さんにないサイズでも挽いてもらえる可能性があります。ただし、あくまでも工場ですので、業務の効率化の観点から小さなサイズや複雑な加工は対応してくれない可能性があります。また、乾燥機を持っていない製材工場も多く、その場合は乾燥していない材料になるので注意が必要です。

インターネット販売

木材の選べる種類が豊富なのがインターネット販売のメリットでしょう。スギ、ヒノキなどの針葉樹から、ウォールナット、チェリーなどの海外の高級材まで幅広く取り扱っています。また、希望のサイズにカットしてもらえるサービスもあるので、希望の樹種、サイズが決まっているなら、インターネット販売がオススメです。ただし運賃がかかりますのでご注意ください。

出典:マルトクショップ

まとめ

作りたいものがある程度決まっている・一般的な材料を使う

→ホームセンター

作りたいものがある程度決まっている・いろんな樹種から選びたい

→インターネット販売

木を見てから何を作るか決めてたい・木に関するアドバイスが欲しい

→材木屋

耳付きの材料が欲しい・安く仕入れたい

→製材所

 

それぞれ欲しいもの・目的に合わせて使い分けて、DIYライフを充実したものにしましょう。