【初心者必見】覚えたらDIYがもっと捗る。トリマーの使い方

木材を切ったり、釘を打ったり、初歩的なことができるようになると、溝を掘ったり、少し凝った装飾をつけてみたくなったりと新しいステージへ挑戦したくなるものです。そんな時に活躍するのがトリマー。使いこなせるようになったら、ぐっとDIYの幅が広がります。

トリマーとは

文字通りトリミング(装飾)加工するためのもので、ビットと呼ばれる先端工具を取り付け、高速で回転させることで木材を切削する電動工具です。様々な形のビットが販売されていますが、大きく分けると、溝を切るものと、角を削り面取りするものの2種類があります。

ビットについて

家具などで装飾をつけたい場合には面取り用のビットを使いましょう。木材の淵に沿って動かすだけで面をビットの形状に加工することができます。ビットの先にベアリングがついたものをコロ付きビットといい、このコロがあるおかげでガイドがなくても一定の幅で面取りすることが可能です。

面取り用のビットで加工するとこうなります。面の形や大きさはビットのごとに異なるので、イメージに合うものを選びましょう。

刃の回転方向が右回転なので、反時計周りに動かしていくことが重要です。反対に動かすとトリマーが暴れ大変危険です。

 

トリマーの使い方

まずビットを取り付けます。ビット交換の際はこのナットを緩めビットを取り外し、新しいビットを取り付けます。締め付けが緩いと回転途中にビットが飛んで行ってしまうことがありますので、注意が必要です。ただし、締め付けすぎると交換の際に取れなくなって苦労します(私も締め付けすぎて何度も取り外しに苦労しています)

切り込み深さの調整

切り込む深さを調整します。深さの調節はトリマーの機種によってことなりますが、このタイプは右に回すとビットが飛び出し、左に回すと引っ込むので切り込みが浅くなります。

ストレートガイドを使おう

まっすぐに溝を切りたい場合はストレートガイドを取り付けましょう。

このストレートガイドを材に押し当てながら動かすと綺麗にまっすぐに切り出すことができます。ストレートガイドのつまみを動かすことで材のどの位置に溝を切るか調整できます。注意しなければならないのは、ストレートガイドを取り付ける方向です。トリマーはビットが右回転するので、反時計回りに進もうとするので、ストレートガイドはトリマーの右側に装着する必要があります。

また、数回に分けて深さを調節していきましょう。1度に深く切ろうとしても、回転できずに止まってしまいます。最悪の場合、材料が欠けたり、ビットが外れする可能性があります。、一度の切り込みは2〜3mmにして、少しづつ切り進めていくことで綺麗な仕上がりになります。