田舎に来てお金の使い方が変わったと思う。

こんにちは。@shoheiomiです。

最近、田舎に来て買うものが変わったことに気づきました。

僕はもともとそんなに物欲がある方ではないので、大したものを買っていたわけでもないのですが、大学時代はやたらZOZOTOWNで服を買っていました。人と違う格好をするということに少し快感を覚えていたのかもしれません。

今ではほとんど服を買うことはなくなりました。買ってもユニクロです。

 

自分のやりたいことにお金を使う

とはいえ、何も買わなくなったわけではありません。今は自分のやりたいこと、好きなことが見つかったので、その実現のために必要なものにお金を使うようになりました。

格好よく言えば、スキルアップのためにお金を使います。

 

具体的に何を買ったのかというと、

 

卓上ボール盤

木材に穴を開ける時に必要な機械です。電動ドリルでも開けられるのですが、大きな穴やまっすぐに穴を開けたい時には卓上ボール盤が活躍します。

 

藤原産業 卓上ボール盤 (SDP-300V)

価格:12,598円
(2017/5/30 11:42時点)
感想(6件)

 

ベルトサンダー

木材をベルトのようなヤスリで削っていきます。カトラリー系の小物を作る時に役立ちます。細かな形はノコギリで切り出すよりも、ベルトサンダーで削っていく方が精度が出ますね。

 

リョービベルトサンダー BDS-1010電気ヤスリ 【RCP】

価格:26,784円
(2017/5/30 11:43時点)
感想(0件)

 

トリマー

木材に溝をつけたり、飾り面をつけたりする時に使います。ここは釘を使わずにはめ込みたい・・・という時にはトリマーをうまく使ってはめ込む木材の大きさに合わせた溝を作ることで、簡単な木組みのようなこともできます。

 

リョービ トリマー MTR-42【50本組トリマービット付】【在庫有り】【あす楽】

価格:18,900円
(2017/5/30 11:45時点)
感想(13件)

 

全部木工関係ですね。僕の場合様々なメーカーさんとお付き合いがあるので、作ってもらおうとすればできるものも多いのですが、やっぱり自分で作りたくなるんですよね。

 

今はスマホ用のウッドスピーカー製造に凝っています。ネットショップの方で販売も始めるのでぜひ、ご覧ください。

 

 

経験・体験を伴うものか

卓上ボール盤もベルトサンダーもトリマーも買って終わりのものではなく、その後使うこと、体験することで、自分のスキルが上がっていくものです。例え物が壊れてなくなったとしても、スキルは自分に残ります。買う前の状態に戻るのではないのです。

そして、今度はこういうものも作ろう!こういうのもできるんじゃないか。そのためにはもっとスキルを磨かないと・・・

そんな感じで、

できることが増えれば、どんどんやりたいことも増えていきます。

やりたいことに溢れているというのは、本当に楽しんですよ。

大学時代、何もやりたいことがなくて、ああつまらないなあと思っていたので、大きな進歩ですね〜。

 

つまり、

自分が楽しいと思える経験や体験を提供してくれる物を買おう

ということです。

どんどん楽しいことするぞ〜!!