せっかくウルイをいただいたので豚挽肉と醤油で炒めてみた。

こんにちは。@shoheiomiです。

田舎あるあるですが、この間ウルイを近所の方にいただきました。ご近所から山菜をもらうなんてことは埼玉では絶対ありえないことなので、岩泉らしくていいなあと思います。

ウルイとは

オオバギボウシの若葉はウルイと呼ばれ、山菜として賞味される。春先の若葉が丸まって立つように生え、葉の色がうり類の皮に似ているので、瓜菜(うりな)が転化したと言われている。別名としてウリッパ、アマナ、ギンボ、山かんぴょうなどがある。

北海道、本州北部・中部の山地や丘陵・草原などの湿りけのあるところに自生している多年生草本。ギボウシ属の雑種として20種以上が知られている。葉の長さは20〜25cm。早春の息吹を伝える。 ビタミン類・ミネラルの他に、ヌメリ成分の中に多糖類が多く含まれているのでリンパ球を増やして病気に対する抵抗力を高める効果があるとされる。

引用:wikipedia

 

なるほど、健康には良さそうです。ただ、ウルイなんて食べたことがないので、どうやって食べていいかわかりません。せっかくいただいたので、インターネットでいろいろ調べて料理してみることにしました!

天ぷらとか味噌和えとかうまそうなのですが、もらってからもう3日くらい建ってしまったことと、インターネットで見るウルイがもらったウルイよりも白っぽくてみずみずしい感じなので、多分取るのが遅く成長しすぎた感があったので、他の味で誤魔化せるウルイの豚ひき肉炒めにすることにしました。

今思えば変な切り方をしてしまいました。なんか断面図が見たかったもので・・・・もう少し小さく刻めばよかったです。

次に、塩を入れた沸騰したお湯に湯どうしします。なんか不安ですが、いろいろ調べて見ると20秒くらいでいいそうです。

次に、フライパンに油をひき、豚ひき肉を色が変わるまで炒めます。その後ゆでたウルイと醤油、コショウを入れて炒めます。

ご飯によそって完成!うん、雑すぎてどう見てもうまそうではないですね。
 

 

あんまり気が進まないものの、食べてみます。

 

うん、普通。。

 

思ったよりはまずくはなかったです。ひき肉にウルイの苦味がちょうど効いていて、もう少しでゴーヤチャンプルになれたのではないか的な味でした。

大成功とはいきませんでしたが、今度はもう少し新鮮な状態のウルイでもっとシンプルな料理に挑みたいと思います。

 

 ▼合わせて読みたい田舎ならではの食材記事

クロモジ茶にブルーベリーを入れて優雅な午後のひととき。

【実験中】世にも珍しいトンズラの木を煮出したお茶。一体何回使えるの?

【薬効】キササゲの実を煎じたお茶がうまかった件。