海がみえる露天風呂。青森県の黄金崎不老ふ死温泉の日帰り入浴が最高だった。

こんにちは。@shoheiomiです。

青森県深浦市の日本海沿いにある、黄金崎不老ふ死温泉という海の見える露天風呂に入ってきたのでご紹介。

旅の一つ前の記事はこちら

青池だけじゃない。十二湖へのアクセス方法やみどころを徹底紹介!

2017年6月の青森・津軽旅行 目次はこちら

1泊2日の青森・津軽旅行で訪れたい。オススメの観光スポットまとめ。

 

先日、台風で車が流されてから約10ヶ月経ち、ようやく新しい車を購入することができたので、前々から行きたかった青池を訪れました。

やっぱり素晴らしかったですね。青池の思っていた以上に青々とした湖面に驚きました。

しかも、青池の周りにはいくつも湖沼があり、どれも青池に負けず劣らず素晴らしいものでした。

張り切って散策したので、散策した後は汗びしょびしょ。どこか温泉入れるところないかなとGoogleで検索してみると、なんとここから30分足らずで行ける絶景温泉があることが判明。

その名も黄金崎不老ふ死温泉

なんとも気になるネーミングです。これは行くしかありません。

 

黄金崎不老ふ死温泉

▲やってきました。黄金崎不老ふ死温泉。

目の前に広がる日本海。この晴れやかな空。絶好の露天風呂日和とあってか、駐車場も満車状態でした。

しかも、この開放感。最高です。

思っていた以上のローケーション。これは早く入りたい。

早速入りたいところですが、まずは受付に行き、お金を払わないといけません。

受付ロビーに入ると、券売機が置いてあります。

日帰り入浴料金大人600円、子供300円
日帰り入浴時間露天風呂8:00〜16:00(15:30最終受付)
その他・浴衣(レンタル)200円
・バスタオル(レンタル)150円
・ミニタオル(販売)150円
・タオルセット 200円

日帰り入浴は、本館内風呂・新館内風呂・露天風呂の計3ヶ所も温泉を楽しめます。

気がはやいもので早速露天風呂と行きたかったのですが、まずは、内風呂で体を流してから、再度服を着て露天風呂へ行ってくださいとのこと。

露天風呂にはお湯で体をあらえる場所がないようなので、少しめんどくさいですが、仕方ありません。

とはいえ、内風呂も海が見える開放的な造りで、なかなかの温泉ですよ。

露天風呂

さて、待ちに待った露天風呂です。

 

残念ながら、写真撮影はできなかったので、instagramで上がっていた写真を埋め込んでおきます。

 

素晴らしい景色でしょう。波の音を聞きながらゆっくりと温泉で長旅の疲れを癒します。

かなり独特の色をしていますが、案外匂いはほとんどありません。

温泉の強烈な匂いがニガテ・・・という方も、入れると思います。

 

やはりかなりの人気の温泉らしく、次から次へと入浴客が訪れていました。中には県外から頻繁に来ているという人もいましたが、そうしたくなるのも頷ける素晴らしい温泉でした。

 

黄金崎不老ふ死温泉まとめ

スポット名黄金崎不老ふ死温泉
住所〒038-2327 青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15−1
電話番号0173-74-3500
日帰り入浴料金大人600円 子供300円
日帰り入浴時間露天風呂8:00~16:00(15:30最終受付)

内風呂8:00~20:00(19:30最終受付)

 

黄金崎不老ふ死温泉は宿泊も可能です。詳細はこちらから。

黄金崎不老ふ死温泉

 

旅の次の記事はこちら

殿様が宴会を開いた岩場。青森県の千畳敷は自然が創り出した造形美。

2017年6月の青森・津軽旅行 目次はこちら

1泊2日の青森・津軽旅行で訪れたい。オススメの観光スポットまとめ。