初めてジムニーを中古で買うならJB23がオススメ!購入時の注意点も。

 

こんにちは。@shoheiomiです。

アウトドア好きだからキャンプに似合う車が欲しい。

田舎に住んでいるから悪路を走れる車に変えようかな。

ジムニーを検討する理由は人それぞれだと思います。

今まで散々ジムニーに乗ってきて、また違うジムニーを購入しようという方には何もアドバイスすることはありませんが、もしあなたが初めて中古でジムニーを購入しようかなと考えているならば、オススメの型があります。それはジムニーJB23です。

ジムニーJB23は1998年から2018年現在まで20年もの間、販売されている現行モデルのジムニーです。

今回は、そんなジムニーJB23の魅力やなぜオススメなのか、そして購入時の注意点まで、実際に中古でジムニーJB23を購入した経験をもとに詳しく解説していきたいと思います。

 

ジムニーJB23の魅力

ジムニーの魅力は軽自動車でありながら本格的な走りを追求できるクルマであるということです。登場から50年近くの間ずっと同じコンセプトのもとに造られてきたクルマはそうはありません。

そんなジムニーの特徴としては、

「ラダーフレーム」「パートタイム式4WD」「リジットサスペンション」

の3つが挙げられると思います。

 

ラダーフレーム


出典:SUZUKI

ジムニーはラダーフレームと呼ばれる構造でできています。普通のクルマはモノコックボディというフレームとボディが一体の形式が主流なのですが、一体でできている分、一度歪んだり変形したりすると修正するのが難しく、オフロードの走行には向かないのです。

一方、ラダーフレームの構造を採用しているジムニーは、頑丈なフレームの上に車体が乗っているような構造なので、大きな衝撃が加わるオフロードの走行に向いているクルマだということができます。

 

パートタイム式4WD

ジムニーは通常後輪駆動ですが、必要な時だけ四輪駆動にすることができます。ですから都会でドライブするときは2WDで、林道や雪道を走るときは4WDと切り替えることが可能です。モデルによって異なりますが、スイッチやレバー操作で切り替えを行い、前輪と後輪をつなぐジョイントが直結します。

小型車で主流な前輪が滑った時のみ後輪が作動する簡易式4WDとは大きく異なります。そのような簡易式は前輪は後輪から駆動力をもらって動いているので、前輪が動かなくなってしまうと、後輪も動かなくなります。

ジムニーはそのような簡易式の4WDとは一線を画するのです。

さらには、急斜面や岩場など、さらにパワーが欲しい場合は、4WD-Lに切り替えることも可能なんです!これでほとんどの場所は切り抜けることができます。

 

リジットサスペンション

出典:SUZUKI

リジッドサスペンションは左右のタイヤが連結された状態のサスペンションで、単純な構造なので非常に頑丈で車輪の設置性がよくなるので、オフロード走行に適した構造です。

現在ではほとんどのクルマは4つのタイヤがそれぞれ独立してボディに固定されている独立懸架を採用しているので、リジットサスペンションを採用しているクルマは本格的な4WDを示す形式となっています。

 

ジムニーJB23がオススメな理由

ジムニーJB23はジムニーの骨格である「ラダーフレーム」「パートタイム式4WD」「リジットサスペンション」という3つの特徴を受け継ぎ20年前に発売された最新のモデルです。オフロードのような過酷な環境はもちろん、普段の生活にも違和感なく乗れるように進化したジムニー初心者でも乗りやすいクルマなのです。

僕は台風で被災してホンダのN-BOXから初めてジムニーJB23に買い換えましたが、オフロードはもちろん、普段の街乗りも全く不満がありません。

JB23以前の型には乗ったことがありませんが、聞くところによると、乗り心地はあまりよくないそうです。実際、ジムニー専門の中古販売店の方も、「よほどこだわりがなければ、JB23を選んだ方がいいよ。それ以前のものは乗り心地はよくないし、整備にお金がかかる。」と言っていたことを覚えています。

正直見た目的にはJA11とかの方が好みだったのですが、多くのジムニーを見てきた方の言葉はかなり説得力があり、JB23にしようと決めました。

 

Mt7cryingさん(@mt7crying)がシェアした投稿

この写真のような丸型ランプのジムニーは好きなんですけどね。JB23以前の型はオフロード専用車という位置付けで見た方が良いかもしれません。ご購入を検討している方はご参考に。

 

 

購入時の注意点

ジムニーJB23は20年も販売され続けているので、マイナーチェンジを何度か行なっています。現在のところ1~10型までが中古に出回っていて、それぞれ微妙に特徴があるので、こだわりがある方は注意が必要です。

例えば、JB23-4型までは、2WD-4WDの切り替えをレバーで操作できのですが、5型からはスイッチに変更されています。気にしない人にとってはどうでもいいことなのですが、どうしてもレバーの方がいい!という方は4型以前のモデルを購入しましょう。

ただ、4型以前のモデルは少なくとも十数年落ちのものしかありません。内装や機器周りは古いですし、走行距離も10万キロ以上のものが多い印象です。そのあたりの折り合いをつけて一番納得できるものを地道に探していくしかないでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はジムニーJB23の魅力やオススメの理由、購入時の注意点などをまとめてみました。ジムニーJB23は本格的な走りで初心者も乗りやすいクルマだと思います。そんなにカスタマイズとかよくわからないし、整備にお金をかけたくないという方はJB23を選べば間違いなしです。

中古でジムニーを選ぶ際の参考になれば幸いです。

 

こちらの記事もぜひ!!

>>新型ジムニー発売!!PVにCMにカタログ、最新の展示写真を集めてみた。