関東近辺の日帰り混浴なら群馬県の宝川温泉 汪泉閣がオススメ。

本日も“FOREST PEOPLE”をお読みくださりありがとうございます。

関東屈指の混浴温泉が楽しめる宝川温泉 汪泉閣に行ってきました。延470坪にも及ぶ4つの広大な大露天風呂を有す宝川温泉 汪泉閣は関東最大規模の混浴温泉としても知られ、東京・埼玉などからも日帰りで行けることから多くの観光客で賑わっていました。日帰りで混浴を楽しみたい人にオススメの名湯をご紹介します。

宝川温泉汪泉閣について

宝川温泉の由来は確かな史実がありません。近くに縄文時代の遺跡が発見されたことから、縄文時代には何らかの形で温泉が利用されていたのではないかと考えられています。縄文時代ということですから、今から数千年以上前から存在していた可能性のある古湯なのです。

宝川というのは敷地内に流れる川の名前で、江戸時代には周辺で銅が採掘されることから文字通り宝の川という意味なのだそう。大正時代には湯治場として宿泊施設が整備され、昭和20年代から道路が整備され現在に至ります。

汪泉閣体験記

宝川温泉 汪泉閣は群馬県利根郡みなかみ町にある水上温泉郷を形成する温泉のひとつで、関東とは思えないほど山深い地域にあります。

車で行く場合は、水上ICから下道を18km、時間にして約30分程度といったところでしょうか。行く途中は山道ではありますが、比較的広い道路なので車の行き来で困るようなことはありません。

近くまで行くと、かなり大きな、いかにも温泉街という建物が見えてきます。

入り口にはお寺のような立派な門がありました。

マップを見てみると、相当広いですね。さながら温泉のテーマパークのよう。

駐車場を突き進むと受付がありますので、日帰り入浴券を購入します。

料金は大人1,500円。スーパー銭湯でも1,000円近くすることを考えると、日本屈指の大露天風呂の天然温泉をこの値段で楽しめるのですから安いものです。

先ほどのマップをみる限り、温泉は結構奥の方にあるようです。どこから行けば良いのかわか理にくいですが、一度建物の中に入ってから抜けて、川の方目指して再び外に出ます。

途中の通路は何度か個性的。ところどころにたぬきの置物とか鍋とか、仏像とか、どこの世界なのかよくわからないカオスな空間が。外国人受け狙ってるのかな?ちょっとセンスがわからない・・・

 

通路を抜けると動物園のような檻があってその中にはクマが!!

うーん。うまく写真撮れませんでした。何か黒っぽいものが見えると思いますが、それがクマです(笑)

昔はクマと入浴できたのだそう。これは驚きですね。興味はありますがちょっと怖いですね。

このお姉さんたちもよくこんな笑顔できるなあ。

川が見えてきました。一気に雰囲気出てきましたね。

対岸は宿泊施設なので、日帰り客は入ることはできません。いつかは泊まってみたいですね。

 

 

ここを抜けるといよいよ温泉エリアです。

異世界への入り口という感じがしていいですね。

 

汪泉閣の概要

日帰り入浴は1,500円です。バスタオルを忘れてもレンタルできるので安心です(レンタル/バスタオルレンタル100円、販売/フェイスタオル200円)。

  • 3つの混浴露天風呂
  • 女性専用露天風呂
  • 2つの女性専用内湯
  •  2つの男性専用内湯

と、全部で8つのお風呂があります。日帰り入浴客は内風呂は1つしか入ることができません。

僕は男なので混浴露天風呂3つに内湯1つの計4つを利用することができます。

4つの大露天風呂

 

摩訶の湯


出典:宝川温泉 汪泉閣

▼摩訶の湯(混浴)

  • 120畳面積
  •  24時間入浴可(ご宿泊のお客様のみ)
  • 収容人数:100名
  • 源泉掛け流し天然温泉(加水なし・加熱なし・循環濾過なし・入浴剤なし・薬剤なし)

宝川温泉の中では一番有名な摩訶の湯は、映画のロケやテレビ番組で紹介されることが多いので、始めて入浴したのに、なんだか一度来たことがあるような気分になりました。入浴客が通る通路が近くにあり、そこから丸見えなので、女性は入りにくいかなという印象。

 

般若の湯


出典:宝川温泉 汪泉閣

▼般若の湯(混浴)

  • 50畳面積
  •  24時間入浴可(ご宿泊のお客様のみ)
  • 収容人数:40名
  • 源泉掛け流し天然温泉(加水なし・加熱なし・循環濾過なし・入浴剤なし・薬剤なし)

般若の湯は摩訶の湯を脱衣所で挟んだ隣にあります。4つの露天風呂の中では一番小規模なのですが、それでも40人は入る大きさがあります。浅めなので、淵に寄っ掛かり、寝転がりながら入浴している人がいました。隠れるものがないので、女性は入りにくいと思います。

 

子宝の湯


出典:宝川温泉 汪泉閣

▼子宝の湯(混浴)

  • 200畳面積
  •  24時間入浴可(ご宿泊のお客様のみ)
  • 収容人数:200名
  • 源泉掛け流し天然温泉(加水なし・加熱なし・循環濾過なし・入浴剤なし・薬剤なし)

摩訶の湯と般若の湯から橋を渡って川の反対側にある子宝の湯はとにかく広い!なんと200畳。今まで入って来た温泉の中で一番の広さだと思います。川の流れを一望できる開放的な景色と座るのにちょうどいい岩があったので、一番長湯しました。訪日外国人の方が結構いたので、少し外国に来ているような雰囲気を感じました。

 

摩耶の湯(女性専用)


出典:宝川温泉 汪泉閣

▼摩耶の湯(女性専用)

  • 100畳面積
  •  24時間入浴可(ご宿泊のお客様のみ)
  • 収容人数:100名
  • 源泉掛け流し天然温泉(加水なし・加熱なし・循環濾過なし・入浴剤なし・薬剤なし)

摩耶の湯は女性専用の露天風呂。女性専用というと、混浴露天風呂に比べ小さな造りの温泉が多い中、この摩耶の湯は100畳もあり、混浴に入れなかった女性でも、宝川温泉の雰囲気を十分に楽しめるのではないかと思います。

 

宝川温泉 汪泉閣まとめ

 

住所〒379-1721 群馬県利根郡みなかみ町藤原1899
日帰り入浴時間9時〜17時
日帰り入浴料金大人(中学生以上)1500円
子供1000円

 

▼宝川温泉は宿泊することもできます。