実は森林大国だった!?日本の森林活用の現状とは。

こんにちは。オオミ(@shoheiomi)です。

今回の林業・木材業の現状を学部は、日本の森林活用の現状について書いていきたいと思います。

 

国土における森林率は68%と世界第3位の日本。豊富な森林資源がある一方で、放置林の増加が問題になるなど、その資源を活用しきれていないと言われています。しかし国や地方自治体が積極的に林業政策を打ち出し、支援する中で、本当に日本の森林は活用されていないと言えるのか、また活用を推進することは、森林破壊になるのではないか。そのような疑問にデータを交えながら、回答していきたいと思います。

 

日本の林業・木材産業規模からみる森林の活用状況

日本ドイツ
国土面積3,779万ha3,571万ha
人口1億2776万人(2005年)8,231万人(2006年)
森林面積2,512万ha1,110万ha
木材貯蓄量40億㎥34億㎥
木材生産量1,562万㎥4,000万㎥

出展:森林白書、BWI2による

EU諸国の中でも扇動的な役割を果たしているドイツは、林業・木材の分野でも先進的な取り組みをしている国として知られています。その国土は日本とほぼ同程度ですが、一方で森林面積は日本の半分以下と、特別に森林資源に恵まれた国というわけではありません。しかし、木材生産量(木材伐採量)を見てみると、日本の倍以上の生産量となっています。

この数値が示す意味を考えてみましょう。日本がドイツより木材を使用していないというわけではありません。日本は自国で生産する木材以外に海外から木材を輸入しているのです。日本の木材自給率は約30%ですから、すべて自国で賄おうとすれば、5,000万㎥以上の木材が必要だということになります。

ドイツと比較したことで、日本にはまだ森林を活用出来る余地があることがぼんやりと見えてきました。しかし、仮に5,000万㎥分を自国で賄うことになった時に、日本の山が禿山になってしまうのではないかという心配の声も聞こえてきます。

ここで注目したいのが、森林の成長量のデータです。年間の成長量が生産量を上回れば、資源が枯渇することはありません。

出典:森林・林業基本計画(林野庁)、木材需給表(林野庁)

平成27年度の森林の総成長量を見てみると7000万㎥であり、しかも、生産量を引いた後の数値ですから、かなり資源の余裕がある状態だということがわかります。また最初に紹介したように日本は世界第3位の森林率を誇る森林大国なのです。資源がないとい言われる日本ですが、計画的利用すれば枯渇することのない資源を持っています。石油や天然ガスなど、他の資源と異なり、森林は毎年成長するので、永続的に活用していける資源なのです。

 

山林所有者の意識から見る森林活用の状況

マクロの視点から見て、まだまだ森林を有効に活用しきれていないことがわかりました。次は実際に森林・山林を所有している人の森林・山林に対する意識・意向から森林活用の状況を探っていきたいと思います。

林業経営に関する意向調査によると、毎年の木材販売収入があり、家計の主な収入になっているのは全体の5%であり、95%は林業経営だけでは生活ができない状況であり、また、所有者の約50%は、ほぼ森林を所有しているだけの状態となっていることがわかります。

出典:森林・林業基本計画(林野庁)、木材需給表(林野庁)

なぜ、積極的な森林活用をしていないのでしょうか。それは、経営として成り立たないからなのです。上の表を見ると、平均した林業所得は178万円、林業経営費が168万円と、年間で10万円の所得にしかなっていません。

しかもこの表は、山林を20ha以上保有し家族経営により一定程度以上の施業を行っている林業経営体の場合のみを集計しているのです。小規模な山林所有者は林業経営しても、所得を得ることは難しく、むしろ赤字になってしまう可能性が高く、森林の活用に消極的にならざるをえない状況が伺えます。

そのような状況で、山林所有者も高齢化し、後継者問題が深刻になっているのです。儲からない・・それどころか赤字になる可能性のある林業経営を受け継ぐことは非常に困難であり、山林に興味がない、所有している山林がどこにあるのか知らないという後継者が増えているのも当然の結果なのかもしれません。多くの山林所有者にとって、山林は資源ではなく、「負担」なのです。

 

ここまでをまとめると・・・

・日本は世界有数の森林資源大国である
・森林成長量は木材生産量を大きく上回る
・山林所有者のうち、林業経営で生計を立てられるのは5%
・儲からない山になったことで、関心が薄れている
・50%近くの山は放置されている

 

補足:森林の活用は環境破壊か

森林の活用=環境破壊と連想されがちですが、本当にそうなのでしょうか。木材を切らなければ、他に代替のものを探す必要が出てきますよね。

例えば、木造建築の代わりにコンクリートの住宅を建てるとしましょう。木を伐らないのだから、環境に優しいのでしょうか。コンクリートの材料は一度取り出すと無くなってしまうものです。それに材料を取り出すには山を削り出したり、地面を掘ったりする必要があります。そこに生えている草木はもちろん伐採されますし、掘り出す際に使用する重機の燃料もどこか遠い国で掘り出されたものです。

このように考えていくと、木材を使わなくなることが環境を守ることにつながるわけではないということがお分かりいただけるのではないでしょうか。毎年成長する森林は、計画的に活用することで永続的な資源として利用することができるのです。

世界と日本の森林事情

森林が永続的な資源である一方で、その成長量をはるかに上回るペースで森林伐採が進む地域があります。特に東南アジアでは原生林の急速な減少による絶滅危惧種の増加や、伝統的な生活を送る少数民族の生活環境を大きく変えてしまったりと大きな問題となっています。

出典:熱帯林行動ネットワーク

東南アジアでは、その多くが輸出用の木材として伐採され、残念ながら、日本は多くの木材を輸入している国となっています。

世界有数の森林大国でありながら、自国の森林を活用せずに、世界の森林需要が集中する東南アジアから木材を輸入している日本。この歪な構造を変えていくには、山林所有者とって魅力的な山林経営のモデルを作り上げることで、日本の森林は素晴らしい資源なのだということを自覚していく必要があるのではないでしょうか。

 

林業・木材業の現状を学部

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です