みんなの家に張っている床材がロシアと中国から来たって知っていました?

こんにちは。@shoheiomiです。

今回の林業・木材業の現状を学部は、床材(フローリング)の原料となる木材がどこから来たのかについてです。

 

木材の産地なんて意識したことがないと言う方が多いでしょう。でも普段暮らしている住宅の床材がどこから来たのか知ることができれば、より愛着を持てるかもしれません

あなたの家のフローリングはどこから来たものでしょうか。もしかすると、ロシアで伐採した木を中国で製造したフローリングを使っている可能性があります。

そんなのどうでもいいだろ!!という声も聞こえてきそうですが、その木が違法伐採の木である可能性があると言ったらどうでしょう。

 

違法伐採とは

違法伐採とは、各国の法令に違反して行われる森林の伐採のことを言います。木を伐採しすぎると森林が荒れてしまったり、生態系が崩れてしまう恐れがあることから、各国で法令が定められています。しかし、その法令を無視して伐採されている例が相次ぎ問題になっているのです。

特に極東ロシアでは違法伐採の問題が深刻です。この間もニュースになっていました。

輸入製品の原材料が絶滅危惧種の動物を保護するため伐採禁止となっている樹木であることを理由に、フローリング木材販売の米最大手、ランバー・リクイデーターズ・ホールディングス(LL)が1日、米裁判所から罰金1320万ドル(約15億5500万円)の支払いを命じられた。問題となった製品はほとんどが中国製のフローリング木材。

米司法省は同社が販売する中国製のフローリング木材の原材料に、ロシア産モンゴルクヌギが使用されていることを指摘している。この木が生える森林地帯は絶滅危惧種のアムールトラやアムールヒョウなどの生息地となっているため、モンゴルクヌギも保護対象に指定されている。

引用:http://www.epochtimes.jp/2016/02/25187.html

実は日本はこの極東ロシアから多くの木材を輸入しているのです。特にフローリングに使われるナラ、タモといった木はかなりの量が日本に入ってきています。

昔は直接取引きしていたようですが、今は中国を通して購入しているパターンが多いですね。人件費の安い中国で加工させてから日本に輸入した方が安いですからね。

木材の輸入2

ただ、中国を通すことで、この材料は本当に違法伐採された木材なのか、そうじゃないのかわかりにくくなってしまうのですね。

一応、違法伐採じゃないよという証明を発行してもらうことはできるのですが、どこまで信用できるものかわかりません。なんと言っても、あの中国ですから。上の例もそれを証明しています。

 

日本のメーカーはその証明書を信じて・・・というよりも、もしかしたら偽装している可能性はあるよなという思いを持ちながら、中国から来た材料を使っているのです。その危険性に気づいた企業は木材や製造拠点を国内に移し始めていますが、多くの企業ではそこまで行っていないのが現状です。

なんと言っても安かったですから。正直日本人には産地だとか違法伐採だとか、そういう意識はまだ広まっていないので、安いものに流れてしまうのは当たり前の話です。企業もいかに安くお客様に提供するかという部分を追求するために、そのあやふやな部分に目をつむっていたというわけです。

 

私たちが意識することで変わる

しかし、少しずつ流れは変わり始めています。「安かった」とわざと過去形にしましたが、やっぱり中国も人件費が上がって、以前ほど中国で製造するメリットがなくなってきました。一部の企業では次はベトナムだ〜!!と叫んでいるようですが、これを機会に日本にもう一度生産拠点を移そうという企業も増えています。

 

確かに安いのは、消費者にとってありがたいです。でも、それが違法伐採によって成り立っているものであったとしたら・・・

自分が買おうとしているものは、どこから来て、誰がつくったものなのか、もっと消費者が意識することが必要なのです。そうすることで粗悪なものは淘汰されていきます。

 

フローリングを選ぶ際は、産地も意識してみるといいかもしれません。

 

この記事が気に入ったなら

この記事を気に入っていただけたのなら、林業・木材関係の話題カテゴリーの記事がオススメです。広葉樹林業や国産材の可能性を中心にご紹介していますので、参考になればと思います。

林業・木材関係の話題記事一覧